あがり症の症状

2009年7月 2日 16:36 | コメント(0) | トラックバック(0)
あがり症は症状にはどのようなものがあるのでしょう。あがり症の原因が人それぞれであるように、症状にも個人差があるとされています。
代表的なのは、赤面してしまう事です。緊張によって顔が赤くなるのを特に気にしてしまう症状に赤面恐怖症があります。
声が震えるのも多い症状でしょう。大勢の人の前でスピーチするのが苦手であったり、人の視線を感じると急に声が上ずるなどです。
緊張して汗を大量にかく多汗症も、あがり症には多く見られる症状です。
あがり症には字を書くときに緊張してしまうのも含まれており、結婚式などで記帳する際に上手く書けない「書痙(しょけい)」という症状もあります。
また、人が見ていると食事をするのに気後れしてしまう会食恐怖があり、緊張して食べ物が喉を通らない、口に入れる姿を見られたくないと感じ、思うように食事が楽しめないと困っている方もいます。
他には、落ち着きがなくなる、トイレに何度も行く、どもってしまう、動悸がして気分が悪くなるケースもあります。
あがり症の症状は多く、原因によっても異なるようです。あがり症で気持ちが舞い上がって、どんな症状があるのか自分で把握していない場合もあるので、人から自分がどんな様子だったのか聞き、症状を正確に分析しておくと良いでしょう。
 育毛飲み薬  ファッションブランドいろいろ  日焼け止めの口コミ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

あがり症とは
あがり症とは、人前に出るとドキドキしてしまい上手く話せなくなったり、どうしたらよいのか分からなくなったりする事です。
あがり症の原因
あがり症にはどのような原因があるのでしょうか。原因が分かれば、悩み解消も早まります。
あがり症の症状
あがり症は症状にはどのようなものがあるのでしょう。あがり症の原因が人それぞれであるように、症状にも個人差があるとされています。
あがり症と遺伝
あがり症が遺伝するかどうかを気にする方もいるのではないでしょうか。あがり症は意識の発達で起こる後天的な症状だとされます。
あがり症は対人恐怖症
あがり症は対人恐怖症の一種です。では、対人恐怖症について述べてみましょう。 あがり症を始めとする対人恐怖症は、人との係わり合いの中で接触を避けようとしたり、恐れ、パニックを起こす状態に陥るなど、人付き合いに対する恐怖症です。
あがり症と赤面症
あがり症で多いのが赤面症です。赤面恐怖症、赤面恐怖、赤面癖とも言われ、人前だと顔や耳の辺りが赤くなります。
あがり症と多汗症
あがり症の方が汗を拭き拭きスピーチをしている姿はよく見かけられる光景です。緊張して大量の汗をかくのは多汗症とされます。
あがり症対策
あがり症対策にはいろいろな方法があります。まずは自分で克服したいと考えるなら、気持ちを落ち着かせるリラックス法を試すのが良いでしょう。
あがり症には呼吸法
あがり症には深呼吸すると良いと耳にした事があるでしょう。呼吸法はあがっている時に効果があるようで、あがり症のための呼吸法が好評となっています。
あがり症の認知療法
あがり症には認知療法と言う方法があります。認知療法とはどのような手順で行われていくのか説明してみましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/478

コメントする